TAKEUMA’s blog

未来のわが子へ。『今』の君たちと父とを伝えるためのブログ

レース用ランニングシューズを2000km使い込んだ。 ~ウェーブエキデン SI(ミズノ)

先日の袋井クラウンメロンマラソンは30km過ぎで足がつって、不甲斐ない結果になりました。シューズが悪いわけではないですが、ふと確かめると、シューズの指の付け根の踏み込み部分が、インナーくらいの厚さしか残っていないことが分かり、ついに買い替えることにしました。

最近は年間走行距離1500kmくらいを2足のシューズで走っています。今回使ったシューズは3年4か月使ったので、少なくとも2000km以上走っていると思います。一般にランニングシューズの寿命は500~1000kmと言われています。レース用シューズはもっとも寿命が短い部類ですが、使っちゃいました2000キロ。その相棒がウェーブエキデンSI。。。

f:id:TAKEUMA04:20181230231519j:plain

驚異的に軽い、ガチのレースシューズです。本来は高速ラン用のシューズで、キロ5分程度で走る私が履くシューズではないのですが、薄く軽いのが気にいって(&見切り品でお安かった)使っていました。使い心地はほんとにフィットして気持ちよかったです。薄い生地ですが、意外とまだへたっていません。

使い込んだシューズの裏は...

f:id:TAKEUMA04:20181230231636j:plain

意外とキレイです。が、よく見ると全体にすり減って、左右のかかと外側は完全にピンクのミッドソールが見えて、ゴムがないです。また、人差し指の付け根当たりのゴムが無くなってこちらもミッドソールになっています。もともとその上あたりはゴムのないエリアですが、自分は一番その部分が減るので、そもそもシューズのアウトソールの配置と走り方があっていないのでは???というのはご愛敬。中から触ってみると、その付近は本当に薄くなっていて、(ミッドソールもつぶれている)前述の通りインソールの厚みくらいしかないです。

このシューズ、アウトソールのゴム(黒い色のところ)はジグザクの線状に独立していて、スパイクのようなグリップ感が売りなのですが、その分か細いゴムなので、ぱっと見は簡単にもげてしまうのでは?と心配していました。でも2000km走ってもゴムはほぼ取れていません!それだけでもミズノの技術力は高いなぁ~と感心します。まだまだ履けそうでしたが、一番使う部分が無くなっているので、買い替えることにしました。というわけで、次のシューズは... 

f:id:TAKEUMA04:20181230233237j:plain f:id:TAKEUMA04:20181230233426j:plain

同じくウェーブエキデン! 11です。こちらの方が少しストイックさが抜けて僅かに重くなりますが、ゴムの配置が一様なので、うまく使えそうですね。それ以外の違いとしては、ちょっとかかとがちょっとゆるくなりました。

履き始めなのでまだ硬い感じがしますが、これから徐々にならしていきます。