稲穂のささやき / 『悼む人』は天皇?

私は会社の昼休みに窓から外を眺めています。「たそがれてるの?」と聞かれるけれど、そう、たぶんたそがれてます。

というのは嘘で、目を休めるために遠くの山や、神社の木々を見ています。それから、目の前の水田。季節ごとの稲穂のうつろいは見ていると安らぎます。穂を揺らす風の形が、通り抜けていく様が、見えるんですよ。

さて突然ですが、有史以来、人類は何回稲刈りをしたでしょう?農耕が始まったのが弥生時代からだとすると、2000~3000年前です。かなり昔のように感じるけれど、たかだか2000~3000回しか稲刈りをしていないのだと思うと、とても少ないように感じます。(毎日やったら10年分にも満たないですね) その1回を食事でいただいているのかと思うと、お米が貴重な気がしてきます。

さてこの稲作、身近で生活に根付いたものだと思います。日本は瑞穂の国と言われていて、天皇の祭祀にも田植えや稲刈りがあり、稲の生育を祈ることが重要な役割のようです。

少し話が変わりますが、天皇の祈りで思い出しました。

天童荒太直木賞小説『悼む人』の話。主人公・静人は新聞を見て忘れられたような死亡記事を調べては現地に赴き、悼むという行為を繰り返しながら各地を旅する、という小説です。その行いに何の意味があるのか、誰にもわからないままに。

非常に面白く感動的な小説なのですが、どこかで、そんな人いないだろう、というフィクションな気持ちが私の中にありました。

でもふと、もしかして天皇こそ実在の悼む人ではないか、という気がしてきました。今の天皇は象徴であって、権力は無く、仕事と言えば人に寄り添い祈ることしかできないのです。災害があれば、現地に赴きひたすらに励まし、悼む。昔の戦争もいまだに悼んでいる。。。 悼む人(静人)は意外なところに、本当にいるのかもしれない。

 

そんな取り留めのないことを、窓外を見ながらボ~とおもっています。

ちなみに今の天皇の名前はあきひと(明仁)ですね。

友人家族とBBQ&キャンプ @ならここの里 2018/10/27-28

いつもの友人2家族とBBQしました。場所は掛川ならここの里。当日朝は少し雨があったものの、昼からは良い天気。水はけもよく、快適なBBQになりました。

今回始めて1家族はテント購入して、お泊まりです。まだキャンプデビューして間もないとのことですが、装備はすでに我が家を上回っています。アニメ「ゆるキャン」を子供ともども見て勉強していたそうで、うちなんかより全然ちゃんとキャンプできてます!

f:id:TAKEUMA04:20181110234214j:plain

 

当日、フリーサイトの方ではバイク用品のDAYTONAが会員向けキャンプイベントをやっていて、私は興味しんしん。いつか参加してみたい。。。

さて毎度ながらこのメンバー、子供は全員女。7人+大人女子3人の女子会です。みんな仲良く遊んで楽しそうでした。それぞれ個性のある子でおもしろいです。ハロウィンなのでプチ仮装。

f:id:TAKEUMA04:20181110234531j:plain

奥様方も、話に花が咲いて楽しんだようでなによりでした(どんな話をしているんだか興味ありますが、聞けない。。。)

 

夜は、ならここの湯にひたり、ゆったり過ごして、友人パパと二人で飲み明かしました。持って行った日本酒がうますぎて、いけなかった。ビンが空きそうなくらい飲んでしまって翌日は、ぼ~としてました。最近飲みすぎていかんです。

f:id:TAKEUMA04:20181110235011j:plain

 

というわけで、それぞれ楽しめたBBQ&キャンプでした。

デカたこ焼き

土曜日に子供のボーリング大会があり、長女が2位!おもしろい商品をゲットしました。それが、これ・・・

f:id:TAKEUMA04:20181105225142j:plain

ギガたこ焼き焼き器です。1個だけ10cmの大物が作れます。さっそくタコを買ってきて、本日の昼にチャレンジ子供達。ちなみに分量はオタフクソースのページを参考に

 小麦粉200g、卵3個、牛乳20cc、だし汁600ccとタコとネギ。

子供メインで材料をひたすら混ぜて、余熱したタコ焼き器にいざ投入。以外と火加減もちょうどよく(ON/OFFしかなくて温度調整不可)それほど焦げずに固まってきます。

子供初のたこ焼き返しは・・・、意外とうまくいきました。通常サイズの小さいほうは、するっとまわってクルっと裏返ります。子供も交代で楽しんで回します。大きい方は私が回す。なかなかヘビーで捕まえにくいけれど、じっくり焼いてシッカリ固めて、ちゃんと回りました!さすがに重さでつぶれて真ん丸にはならないけど、UFO型でおもしろいです。

中の具もタコ以外にもチーズとか入れて、表面カリっと、中はふんわり、とてもおいしくできました。思ったより全然いい。ボリューム満点だけど、子供も一人1つしっかり食べちゃいました。

欠点は大きいのは1つ焼くのに20分程度かかること。3個作ったので、それだけでも60分。長いお昼ご飯になったけれど、大人も、子供も楽しみながら食べられました。たまには良いかも。

 

しまった、焼いたところを撮り忘れた。。。。

次回やった時に更新します。

秋の味覚、サツマイモ掘り ~2018/10/20

毎年恒例イベント、じいじが畑で植えて育ててくれているサツマイモを掘った。

今年は大きいのがゴロゴロ出てきた。顔より大きい。食べるの楽しみです。

f:id:TAKEUMA04:20181024225452j:plain

f:id:TAKEUMA04:20181024225523j:plain

『茶』の山に登る ~粟ヶ岳~ 2018/10/14

掛川のはずれにある粟ヶ岳に登りました。標高532mと低く、ファミリー登山にうってつけな、よく整備された手軽な山です。それでも当日は雨がやんだばかりで、頂上は雲の中・・・

f:id:TAKEUMA04:20181021230627j:plain

 

昼食は、以前から気になっていた掛川のパン屋POWA POWAで購入したパンを頂上でいただきます。ハード系が充実したお店で、全部食べてみたくなります。また行きたい。。。

 

さて、この粟ヶ岳、なんといっても『茶』と書いてある山として有名です。新幹線や静岡空港発着の飛行機から見えるらしい。車でも国道一号線の道の駅掛川を大井川方向に向かってすぐの短いトンネル(ことのままトンネル)の先、カーブしているところの奥に見えます。

f:id:TAKEUMA04:20181021231026j:plain

これ、間近で見るとデカいんです。というか大きすぎてなんだかわからない。今、文字の中に立っています。この左右の木が草かんむりです!

f:id:TAKEUMA04:20181021231319j:plain f:id:TAKEUMA04:20181021231340j:plain

実は、この文字はお茶の木でできているのではなく、大きなヒノキ約1000本でできているとのこと。それくらいしないと、遠くからは見えないみたい。意外な体験で面白い。

最後に人文字でまねしてみた。。。 『茶』見える?

f:id:TAKEUMA04:20181021232237j:plain

町民運動会 ~選手宣誓‼~ 2018/10/21

本日は、小学校区の町民運動会でした。素晴らしい天気でしたが、昨日の雨でグランドコンディションが悪かったため、1時間開始を遅らせてスタート。

なんと今回、選手宣誓に大抜擢されました! お恥ずかしい。。。この歳で宣誓をするとは思わなかった! でも、せっかくの機会だし、子供も巻き込んで、楽しんじゃおう。というわけで、子供も横に並ばせて、名前だけ言わせました。

f:id:TAKEUMA04:20181024224337j:plain



若干、笑いを狙いつつの宣誓に、対面の大会副委員長がたまに相好を崩すので、こっちが笑いそうになってしまった。笑ったら負けだと思って、がんばりました。こどもも、シッカリとみんなの前で名前を言って、宣誓ができて、偉かったです。

運動会は、家族全員どの種目も楽しく楽しく楽しみました。秋空の、とても良い一日でした。

 

せっかくなので、宣誓文を掲載します。何かの参考になれば。。。

===============

 宣 誓

我々町民一同は、

地域の絆を確認しあい、

日頃、こっそり練習している成果を発揮して、

2年後の東京オリンピックの代表選手に選ばれるように、

全力で、

今日、一日を楽しむことを、

誓います。

  選手代表 XXXXX

===============

家事/育児は、愛とかで語るものではなく、、、

私は家事や育児で妻や子供を擁護する発言が多いので、愛妻家とか、子煩悩とか思われがちだがそんなことは全くない、とここに明言しておく。義務感である。

愛を根拠にして家事や育児を語ると、逆に言えば愛が無くなればやらなくていいの?となってしまう。そんなこと当然ない。嫌いになったらやらないというのは、子供が「嫌いな授業は受けない。」と言っているのと同じで理屈で、成り立たない。そもそも好き嫌いではなく、責任であり義務である。

また、それは両方の親に同じだけ課せられたものだし、時間的に妻の方が関わることが多いかもしれないが、基本的には両方とも同じ責任と義務がある。仕事は会社との労働契約に基づいているが、それと同じように明文化されていない家庭契約に基づいて、家事や育児にも、夫婦対等に責任と義務が成り立っていると思っている。

もちろん愛がないとは言わないが、愛のみを根拠にした理由付けはクモの糸に頼っているようで心もとなく淡い。論理的とも言い難い。学校教育もそんな愛とか精神論に基づくことが多い気がする。もっとドライでいいんじゃないかな?

願わくば男の子には、家庭は夫婦対等な契約によってなりっているのであって、妻をお母さん代わりにして甘えるところではないんだよ、と教えて頂きたいものである。いつの日か、家事や育児、家庭に関与しない男は責任と義務を果たしてなくてかっこ悪い、と堂々と言える社会になってほしい。