TAKEUMA’s blog

親になった未来のわが子へ ~父の『今』を伝えるためのブログ

浜松まつり 2019

今年も子供の付き添いで参加しました、浜松まつり

f:id:TAKEUMA04:20190616232124j:plain

 

お祭りはあまり乗り気ではないものの、奥さんの要請によりこの日のために足を治したと言っても過言ではない。(フル出場するのは疲れるから代理で出てほしいとのこと) でもまだ足のむくみがあって、地下たびのファスナーが上がらなかった!

ことしは子供がラッパの練習に行ったので、ラッパが少し吹けるようになりました。

 

出番ですが、結果的にはほとんど家で炊事当番をして、参加したのは中央の屋台だけでした。でも私、中央の屋台引きだけは好きなんですよね。他の屋台が間近で見られるし、幻想的だし、雰囲気に浸れる感じで。というわけで、メイワンの前の一枚。

f:id:TAKEUMA04:20190616232514j:plain

 

子供たちはだいぶ祭りになじんで、楽しんでよかったです。お菓子もいっぱいもらって、未だに食べきれないくらい。今年もなんだかんだで風物詩を楽しみました。

川の中にいるような道の駅 南きよさと ~山梨・清里⑤ 2019/5/2

最終日、キャンプの撤収を終えて帰路。最寄りの道の駅 南きよさとに立ち寄りました。来るときから見えていたけれど、谷あいの地形に鯉のぼりが幾重にも泳いでいした。

f:id:TAKEUMA04:20190601223324j:plain

 

鯉を、あの大空に泳がせようという発想が素晴らしいと言っていたのは岡本太郎だったか? 本当に見ていると心地よい。川の中から眺めているみたい。桜や菜の花も咲いていて、華やかな端午

 

広場や遊具もあって、ちょっと立ち寄って遊ぶのにちょうどよかったです。

f:id:TAKEUMA04:20190601223850j:plain

 

以上、山梨・清里を満喫してきました。

 

 

山梨・清里 全記事

山梨県立美術館 -デザインあ展- ~山梨・清里① 2019/4/30 - TAKEUMA’s blog

清里中央オートキャンプ場 ~山梨・清里② 2019/4/30-5/2 - TAKEUMA’s blog

シャトレーゼ工場見学(アイス試食放題) ~山梨・清里③ 2019/5/1 - TAKEUMA’s blog

清泉寮、まきば公園 ~山梨・清里旅行④ 2019/5/01 - TAKEUMA’s blog

川の中にいるような道の駅 南きよさと ~山梨・清里⑤ 2019/5/2 - TAKEUMA’s blog

計算カードと成長

最近、下の子の計算カードの宿題の成長がめざましい。

始めは本当にやる気が出なくて、泣いたりもしてなかなか早くできなかったが、最近間違いが減って非常に早くなった。聞いているこちらも変に不機嫌にならないので気は楽になったが、必死で暗算しないと追いつかないレベル。

 

そもそも下の子は、本当はできる子なのに、なぜか自分はできないと言ってうまく進められないことが多い。特に初めてのことに対して、そういう対応をしてしまう。なんとももったいない。

感情で判断しないで、もう少し情緒を制御できるようになると、本当に素敵になるのになぁ。

清泉寮,まきば公園 ~山梨・清里旅行④ 2019/5/01

f:id:TAKEUMA04:20190529233459j:plain

本日は清里観光。まずは清泉寮ジャージーハットでソフトクリームをいただきます。ソフトクリーム好きとしては見逃せない有名なスポット。確かに私のベスト3には入るおいしさでした。バニラ風味でいながらミルク感も濃い! ミルクだけの正統派の味ではないので、ちょっと味付けがずるい感じもしますが、間違いなくおいしいです。

奥に富士山も望む雄大で穏やかな景色も素敵でした。

 

続いてまきば公園。こちらも景色がいい! 動物と触れ合えます。しかもタダで。

 f:id:TAKEUMA04:20190529233950j:plain

f:id:TAKEUMA04:20190529234052j:plain

 

せっかくなので牛になってみた。(そういえば朝霧でも牛になった気が。。。) 子供にも笑われてる・・・

f:id:TAKEUMA04:20190529234223j:plain

 こちらでもソフトクリーム食べました。こっちのは、正統派のミルク味。さっぱりと、いけます。まあまあのお味。

 

さて、訪れたこの日は令和初日です。清泉寮には書家の額が飾ってありました。

f:id:TAKEUMA04:20190529234420j:plain

 

そんな記念すべき日にハプニング! お土産のお菓子の求肥饅頭を試食していたら、銀歯が抜けた!

f:id:TAKEUMA04:20190529234447j:plain

最初、試食に異物混入かと思っちゃいましたよ~。歯医者はかれこれ20年近く行っていないのに、まさか令和初日にこんなことがあるなるなんて。新しい元号の波乱の幕開けでした。

 

それでも、のどかで穏やかな一日でした。

f:id:TAKEUMA04:20190529234911j:plain

 

次の記事:

 

 

山梨・清里 全記事

山梨県立美術館 -デザインあ展- ~山梨・清里① 2019/4/30 - TAKEUMA’s blog

清里中央オートキャンプ場 ~山梨・清里② 2019/4/30-5/2 - TAKEUMA’s blog

シャトレーゼ工場見学(アイス試食放題) ~山梨・清里③ 2019/5/1 - TAKEUMA’s blog

清泉寮、まきば公園 ~山梨・清里旅行④ 2019/5/01 - TAKEUMA’s blog

川の中にいるような道の駅 南きよさと ~山梨・清里⑤ 2019/5/2 - TAKEUMA’s blog

久しぶりの壁登り

奥様は昨日からミスチルのライブで東京へ。ということで時間ができたので、しばらくお休みしていたボルダリングジムに行くことに。と言っても私はまだ足首が硬いので子供達だけ。こちらのジムは、下の子は初体験です。下の子はキッズウォール限定でしたが、昼食をはさんで、午前も午後もみっちりやりました。

 

姉の方は急傾斜も行けちゃいます。コストコを背景にして登れるってなかなかないですよね。子供、がんばってます!

f:id:TAKEUMA04:20190519224039j:plain

 

以上、楽しい休日でした。

シャトレーゼ工場見学(アイス試食放題) ~山梨・清里③ 2019/5/1

f:id:TAKEUMA04:20190515224517j:plain

 

令和初日。シャトレーゼ工場見学に行きました。国道20号から少し入った白州の森の中にあります。近隣にはサントリーの白州ウィスキーの工場もある緑豊かな環境。予約制のため、入り口ゲートで予約確認をされました。おかげでGWでも並ばず、スムーズには入れました。予約時間は15:00ですが、特に集合して案内される形式ではなく、各自が自由に見学コースを回る方法なので、多少の時間の前後は許容してくれます。

 

入り口はお土産ショップで、その二階から工場見学に入ります。スリッパに履き替えて、見学開始。

f:id:TAKEUMA04:20190515224850j:plain

 

見られるところは、あんこをこねてるところと、アイスを作っているラインくらいで見どころは少ないです。GWですが、従業員のみなさま、お仕事お疲れさま。人の作業は基本的に洗浄が多そう。清潔はやっぱり大事です。ほかの味と混ざってもいけませんしね。

見学コース終盤にあるのが、こちらのホール。ぐるりと窓の外がアイスの製造ラインです。そして、このホールに並んでいるアイスケースのアイスが試食し放題。

f:id:TAKEUMA04:20190515225259j:plain

アイスは6種類くらいあります。ほんとに取り出し放題。

f:id:TAKEUMA04:20190515225512j:plain

アイスを食べながら作っているところを見られるというオツな趣向。

f:id:TAKEUMA04:20190515225855j:plain f:id:TAKEUMA04:20190515225915j:plain

私は7本頂きました。工場見学はそれほどでもないですが、色々食べられて良かったです。ごちそうさまでした。

 

f:id:TAKEUMA04:20190515230257j:plain

 

次の記事:  

 

山梨・清里 全記事

山梨県立美術館 -デザインあ展- ~山梨・清里① 2019/4/30 - TAKEUMA’s blog

清里中央オートキャンプ場 ~山梨・清里② 2019/4/30-5/2 - TAKEUMA’s blog

シャトレーゼ工場見学(アイス試食放題) ~山梨・清里③ 2019/5/1 - TAKEUMA’s blog

清泉寮、まきば公園 ~山梨・清里旅行④ 2019/5/01 - TAKEUMA’s blog

川の中にいるような道の駅 南きよさと ~山梨・清里⑤ 2019/5/2 - TAKEUMA’s blog

二股ポール ヘキサ / テント が ドッキング

 今回はキャンプのかなりマニアックな話題。始めに、下の写真を見て『おやっ、』と不思議に感じる方はなかなかのキャンプ通だと思います。

f:id:TAKEUMA04:20190512225312j:plain

 

どこが不思議かというと、テントとヘキサタープの重ね方です。通常はタープのポールがあるので、この位置にテントは置けません。そうならないように、これまで小川張りをしてきたのですが、小川張りはポールの位置を引き伸ばすため余計にスペースが必要になります。区画サイトだといっぱいいっぱい。おまけに風に弱い。。。

 

何かいい方法は無いかなぁ~と思っていたら、最近ワンポールテントを二股ポール (二又ポール) にするアイテムを見かけました。

   DODフタマタノキワミ

 これだっ、と思ってテント/ヘキサにも応用します。ヘキサのポールを二又にすれば、そこにテントを差し込める! 我が家では昔からフリーポールは矢崎のイレクターパイプを使っていたので、それを二股化しました。角度フリージョイトHJ-12を使用。ポールはそれぞれ240cm(90x2 +60)です。

f:id:TAKEUMA04:20190514222108j:plain

 

f:id:TAKEUMA04:20190514223652j:plain

 

ジョイントの角度固定はちょっと弱そうだったので、ポールの根本にもペグを打ちこんで、股が裂けないように補強しておきました。固定具合は完璧。ちょっとの風ではびくともしない感じです。

サイズ感もぴったり。テントの出入口がちょうどタープの下に入りました。今回は雨が降ったけれど、テントの出入りも濡れません。クロノスドーム 4型とヘキサタープ、いい塩梅です。この張り方、しばらくリピートしそう!

f:id:TAKEUMA04:20190514230817j:plain

 

ちなみに、他の連結方法としてヘキサタープのウイング側(垂れ下がっている辺)にテントを差し込むやり方がありますが、タープの雨水がすべて一旦テントに落ちることになるので、雨の時はお勧めしません。今回の張り方は雨の時に効果的でした。

 

ところで、せっかくなのでこの張り方に名前を付けたいですね。上からみると、亀のようだから『タートル張り』、または、金太郎の前掛けのようだから『金太郎張り』なんていかがでしょう?

 

f:id:TAKEUMA04:20190514224211j:plain

 

2ルームテント全盛のご時世ですが、こんなオープンタープでも、連結すれば雨でもかなり快適に過ごせますよ。

 

(追記 ちなみに、検索すると既にわずかに実践されている方がいますので、私がパイオニアではないです)