TAKEUMA’s blog

大人になった未来の我が子に向けて。父と君たちとの『今』を伝えるためのブログ

友人とBBQ ―秋葉神社前キャンプ場― 2019/11/4

恒例、友人とBBQ。予定していた日が雨だったため、代替日の開催になりました。我が家は例によって、前日前乗りの泊りがけです。割安、手軽で近辺では有名なキャンプ場ですが、うちは初めての利用。うわさ通りの格安。トイレと水場が最低限で、河原に陣取ったので石がごつごつしているだけど、それさえ許容できれば割と快適でした。

 

f:id:TAKEUMA04:20200329220332j:plain

 

さすがの3連休で混雑していました。何とか空いている川辺に場所どりしました。(後日知った話、なんとここは直前まで会社の先輩Nさんがデイキャンプしていた跡地でした!)混んでると言っても、広々です。夕飯はめずらしく揚げ物。

f:id:TAKEUMA04:20200329220647j:plain

 

翌朝、朝靄。場内はこんな感じ。

f:id:TAKEUMA04:20200329220929j:plain

 

スーパーで友人2家族と合流し、買い出しして、さっそく河原パーティー。今回初参加のH氏もいます。

f:id:TAKEUMA04:20200329221053j:plain

 

河原といえば、やっぱり石投げ。

f:id:TAKEUMA04:20200329221303j:plain

 

今回は、友人がダッチオーブンでローストビーフ作ってくれました。うまかった~

f:id:TAKEUMA04:20200329221359j:plain

 

みんなでマシュマロ焼き。マシュマロでかくない?

f:id:TAKEUMA04:20200329221419j:plain


というわけで、今回も子供も大人も大満足なBBQでした。キャンプ場も割安で、近くて手軽に使えて便利でした。

 

一応ここは秋葉神社の入り口。機会があれば、参拝の登山も考えたい。

f:id:TAKEUMA04:20200329221637j:plain

 

ホワイトデーなお菓子作り ~ カトルカール ~

バレンタインのお返しに今年のホワイトデーは禁断のお菓子、カトルカールに挑戦。英名はパウンドケーキ。シンプルなお菓子なのですが、妻は「気になるけど手が出せない」と言います。なぜかというと、その分量。

カトルカールはフランス語で1/4が4つ(Quatre-Quarts:英語的に言えばクワトロ-クォーター)  4つの材料:卵、砂糖、小麦粉、バターを全て同じ比率で作ったお菓子です。 バターの大量使用に勇気がいるとのこと。レッツチャレンジ。

 

今回は小林カツ代レシピで作ります。ベーキングパウダー小1/2を加えた手間なしレシピ。まずは、卵4個を計量・・・209gでした。

f:id:TAKEUMA04:20200308113339j:plain

 

砂糖も卵の分量に合わせて209gを加えて、よく混ぜます。小麦粉とレンジで溶かしたバターも209gずつ投入。 バターは1箱じゃ足りません! 追いバター。

f:id:TAKEUMA04:20200308113721j:plain

 

レシピ本に従い、パウンド型ではなく20cmの丸い鍋に入れて、200℃のオーブンで焼きます。

f:id:TAKEUMA04:20200308121909j:plain

 

待つこと28分。いい匂いが漂ってきました。真ん中が膨らんで、無事完成。

f:id:TAKEUMA04:20200308125400j:plain


ホカホカでは少し脂っぽいです。冷やすと良さそうなので、冷めてから1時間程度冷蔵庫において、おやつにいただきました。

 

f:id:TAKEUMA04:20200308150703j:plain

 

今回キビ糖を使ったためか、カステラのように穏やかな甘さになって、おいしかったです。しっとり、でもふわっとした食感。後からおなか一杯感が続いたけれど。。。

それもそのはず、妻がカロリー計算したら、全部で3400kcal!! ひと切れでも200kcal・・・ 2切れ食べました。妻がおそれるわけです。

 

翌日はさらに味がなじんでおいしくなっていました。冷えていると軽く食べられます。逆に薄くスライスして、トースターで軽くあぶるのも、表面カリッと中はふんわりして、おいしかったです。

 

分量とカロリーは驚愕ですが、シンプルな作り方で簡単おいしい、ステキなお菓子でした。

浜松シティマラソン2020 2/16

シティマラソンに参加しました。姉は単独で1.5km、妹は私とファミリーの部で1.5km...

忘れもしない、去年この大会の前日に骨折して、替わりに妻がファミリーの部に参加するという失態(妻には、たいそう怒られました。。。) 今回は再手術1か月後ながら、絶対出場する!と意気込んできました。

 

当日は、残念ながらあいにくの天気。かっぱを着て向かいます。

f:id:TAKEUMA04:20200216073448j:plain

 

終始、小雨がぱらつきましたが、それほど寒くなく、風もなく、悪くはなかったです。まずは姉から。

f:id:TAKEUMA04:20200216083737j:plain

なかなか早く、良い走りでした。順位もタイムも上々で素晴らしかったです。

 

しばらく開けて、私と妹。やっぱ、大通りを大手を振って走るのは気持ちいいです。思わずパシャリ。

f:id:TAKEUMA04:20200216094431j:plain

無事ゴール。妹、疲れきって変顔です。でも、ほんとによく頑張って素晴らしい記録でした。

f:id:TAKEUMA04:20200216094803j:plain

 

二人とも悪天候にも負けず、よく頑張りました。私の方も、足もそれほど気にならず、ちゃんと走れました。正直、競技よりも行き帰りの自転車に走ってついていくことの方が、距離もスピードもよっぽどハードだった(笑) 自転車うまくなったね。

 

最後に広場を軽く散策しましたが、今年は甘酒と豚汁はなかった?? 恒例のリンゴと参加証だけもらって、ささっと退散。足元ぬかるんでいたので、長靴で行って良かったです。

 

以上、全力出して、充実の大会でした。来年は、ハーフか5kmに出たいな。

長期の休校は憲法違反 『違憲』じゃないの?

公立の学校の3月が全て休校になる。政府が決めた(要請した)そうです。

って、急に決められてもねぇ~

 

憲法には子供が教育を受ける権利や子供に教育を受けさせる義務が示されている。(26条)

一方で、国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。ともある。(25条)

 

バランスではある。が、今回の決定は教育を受けなかったことによって、知の習得が不足するという損失を(評価しにくいが故に)無視していると思えてならない。私は、教育は何よりも尊守すべきことだと思っている。いくら首相であっても、教育を受ける機会を奪う行為は、容易にしてはいけない。

 

そもそも、教育は費用対効果が大きいことが示されているのに、教育の待遇について、政治は冷たい。政治家は結局、自分に害のない政策をして、年齢的に縁遠い何も言えない弱者にツケを回してパフォーマンスしているように思えてならない。

 

本来はこんな無茶ぶりを強いたのに、「しょうがないよね」と柔軟に対応してくれている子供と母親(※)に対して、みんな感謝するのが筋ではないかと思う。致死率から考えれば、高齢者の外出禁止令とかの選択肢だってありえないとは言えない。女子供はそうするのが『当たり前』・・・では無いはずです。替わりに犠牲になってくれているのだから。(※母親である必要はないけれど、対応するのは主として母親になってしまう。そしてこんな柔軟な従順さは父親には無いことも多い。)

 

学校からのウィルスの蔓延が本当に懸念されるのであれば(まずこの前提が正しいの?)、最初にやるべきは、教育を守りながらも蔓延を防ぐすべがないか、という両立を考えるのが政治家の役目ではないのか?それが憲法を尊守する、という姿勢ではないかと思う。真っ先に教育を切るのは、優先順位が違いませんか?

 

緊急を要するからといって、大きな決定に対して大きな疑問を持たずに、何となく従って、むしろそれに対応できたことに達成感すら感じてしまうのは、何だかこわい。

『スーホの白い馬』と浜松市楽器博物館 2020/2/24

娘が国語で『スーホの白い馬』を教わっています。個人的 国語の長くて悲しい2大物語のひとつ。ちなみにもう一つは『ちいちゃんのかげおくり』ね。いい話なんだけど、毎度聞くと長い!

それはともかくとして、このお話に出てくるのが馬頭琴。楽器博物館で体験できるんです。というわけで久しぶりに行きました。体験ルームは相変わらずの充実ぶり。

 

さっそく、背景まで用意されている馬頭琴を体験。なかなかきれいに音を続かせるのが難しい。

f:id:TAKEUMA04:20200226213801j:plain

よく見たら、背景だけでなく、モンゴルの民族衣装まで用意してありました!

f:id:TAKEUMA04:20200226213858j:plain

というわけで、私も。

f:id:TAKEUMA04:20200226214021j:plain

 

他にもいろいろ体験しまくりです。様になっている。

f:id:TAKEUMA04:20200226214105j:plain

 

前回はなかった大砲のような太鼓も。ぶっ放せる快感。

f:id:TAKEUMA04:20200226214240j:plain

 

お客さんが一回転するくらいずっと体験ルームで遊んでから(笑)、ようやく館内見学しました。。。長女が探していた白黒反転した鍵盤の古いピアノ(チェンバロ)も発見。チコちゃんでやっていたらしい。

f:id:TAKEUMA04:20200226214418j:plain

映像資料も増えて、結構楽しかったです。

 

いつか子供たちは楽器やりたいと言うのだろうか?

f:id:TAKEUMA04:20200226214631j:plain

ラグビー観戦 2020/1/18

子供がラグビーの招待チケットをもらってきた。ラグビーボランティアに参加以来、ラグビーに興味満々な奥様たっての希望で、行ってみました。ジュビロ神戸製鋼の試合です。

f:id:TAKEUMA04:20200224025506j:plain

奥様は、色がちょうどよかったこともありボランティアキャップです。当日は試合直前まで雨だったけれど、幸い直前にはあがりました。

会場はほぼ満員。どうにか空きを見つけて、着席。観客1万人強。後日往年のファンの方に聞いた話では、五郎丸ブームの時ですら1万人はいかなかったそうです。W杯からのファンが増えているみたい。(うちもですが。。。)

f:id:TAKEUMA04:20200224030002j:plain

ラグビーって、ずーっと緊張感がありますね。サッカーだとちょっとダレる時間があるけれど、ラグビーの場合、常にボール周りは奪い合っているので、息つくひまがありません。

いい試合していましたが、相手は格上。いるべきところに人がいて、隙がない。やっぱりうまいな~と思うこともしばしば。残念ながら負けてしまいましたが、最後まであきらめず、素晴らしかったです。子供も最後まで見てくれました。下の子はちょっと飽きてきていたけど。。。

 

 

f:id:TAKEUMA04:20200224030422j:plain

終了後、フィールド近くまで降りて、ワンショット。近くに寄れるファンサービスは良いです。

ラグビーはパワーも頭脳も大事だと、よくわかりました。機会があれば、また見たいです。

おんたけ2240スキー 2020/2/08

会社の案内でスキー旅行の企画があり、料金もお安かったので、子供と3人で行くことにしました。朝3時集合! 子供はそのまま出かけられる格好で寝た。

今年は本当に雪が無く、スキー場3km手前までほとんど雪を見なかったです。それでも、さすがに標高が高いスキー場。現地に行けば雪ありました。直前に少し降ったらしく、コンディションは最高。

 

到着後、会社の交流イベント。グループに分かれて雪だるまを作ろう♪ と思ったら、雪質がパウダー過ぎて雪が固まらない!何とか積み上げて、雪だるま完成です。

f:id:TAKEUMA04:20200224021510j:plain

 

と、少し子供同士仲良くなったところで、スキー開始。午前中は子供はスキースクールに参加。

f:id:TAKEUMA04:20200224021816j:plain

 

もちろん、スクールの目的は自分が思いっきり滑りたいから(笑) ...かも。

f:id:TAKEUMA04:20200224022024j:plain

 

お昼を挟んで、午後は一緒に滑ります。スクールのおかげで、子供のボーゲンがすごく上手くなっていました。まさか、一番上から、中級コース滑れるとは思わなかった。転ばずに行けました。超楽しそう♪

f:id:TAKEUMA04:20200224022257j:plain

f:id:TAKEUMA04:20200224022324j:plain

 

午後は本当に良い天気でした。景色も絶景!

f:id:TAKEUMA04:20200224022417j:plain

向こうに見えるのは、おそらく木曽駒ケ岳去年、がんばって登った山ですよ!またこうして拝めるのが感慨深い。

takeumafriend.hatenablog.com

 

というわけで、格安で一日フルに楽しめて、とても良い旅行でした。来年も行けるかな。

f:id:TAKEUMA04:20200224022623j:plain